CsideNet レンタルサーバー初期設定費用無料キャンペーン


 『共有レンタルサーバ』のメリット

前のページでは、専用サーバの良いところまで見てきましたが、共有レンタルサーバの方が優れているところも、もちろん多いです。

まずは、当然のことながら、料金が全く違います。共有レンタルサーバの方が圧倒的に安いです。

料金 共有レンタルサーバ 安い。千円台からあります。
専用サーバ 月額費用、初期費用とも、共有レンタルサーバに比べると、非常に高い。ただし、共有レンタルサーバを利用していても、アクセス数が異常に多いサイトなどで、超過転送量による超過料金を払っている場合は、あまり変わらない場合もあるでしょう。また、異常に多いアクセスが収益に結びついているのであれば、決して払えない料金ではありません。主要な専用サーバの料金プランの一覧はこちらを参照してください。

また、あくまでも一般的な話ですが、専用サーバの運営にはより高度な知識が必要です。root権限をもらえることも多いため、好きなことが何でもできる反面、「トラブル時も自分で対処してください」的なところも少なくありません。ソフトウェアのインストール・設定で失敗してしまい、今まで動いていたソフトウェアまで動かなくなったり、あるいはサーバがダウンしてしまったりとかした場合にも、トラブル時にも対応できる知識をあらかじめ持っているのか、持っていないとしたらサーバ管理会社に対応してもらえるのか、さらには、対応してもらえるとしたら、それは基本料金内で可能なのかそれとも別途費用が必要なのか、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

<<もちろん、まるごとserverhttp://www.marugoto-server.com)のように、標準ではインストールされていないソフトウェアのインストールも代行してもらるところも、あります。>>

共有レンタルサーバの場合は、そもそも自分でサーバの設定をいじくることはできませんから、そのような心配は要りません。仮に他のユーザーのCGIが暴走してサーバがおかしくなった場合も、当然のことながらサーバ管理会社が無償で(自分のCGIが原因である場合は、何らかの請求があるかもしれませんが)対処してくれます。

専用サーバは、基本的に高度な専門知識が必要。知識があまりない人はサポートのしっかりとした業者を選ぶようにしましょう。

サーバ全体
に関する知識
共有レンタルサーバ サーバに対する知識は基本的に不要。提供されるプログラムなどの設定は全て、サーバ管理会社にやってもらえる。
専用サーバ 一般的に、より高度な知識が必要な場合が多い。root権限も与えられていることが多いので、必要なソフトウェアのインストールも自分でできることが多いが、逆に言うと、そのような技術が無い場合は代行してもらわなければならず、追加費用が必要な場合が多い。(追加費用でやってもらえればまだ良いですが、全部自分でやってくださいというところもあります。サーバのレンタルと、回線使用料だけが料金の対象となっているケース。)また、トラブル時の対応(サーバの再起動やOSの入れ替え措置など)も有料になる場合が多いので要チェックです。

また、利用しているOSやソフトウェアにセキュリティホールが見つかった場合の対処法(誰が行うのか。代行してもらえる場合、無料なのか有償なのか)もチェックしておきたい項目です。ちなみに、1ヶ月無料お試しが可能なまるごとserverhttp://www.marugoto-server.com)では、月額3千円でパッチのインストールを代行してもらえます。


今まで、専用サーバと共有レンタルサーバのそれぞれのメリットを見てきましたが、次のページでは、専用サーバを借りたほうが良い人(サイト運営者)とはどのような人なのか、また、専用サーバを借りる上での注意点についてまとめてみます。