アダルトサイトに関する架空請求にご用心(傾向と対策)



サポート満足度ランキング1位DTI

4.セキュリティパッチを充てる

繰り返しになりますが、この架空請求メールで何が問題かと言えば、「多くの男性がスネに傷を持っている」「やましいことがある」ということです。「アダルトサイトを見たことがないか?」と言われれば、ほとんどの男性が見たことはあるのです。ここに、このメールの内容が「まんざら嘘ではないかもしれない」と思わせる理由があります。なので、不安になったり、また1000人に一人かもしれませんが、実際に振り込む人がいるかもしれず、そのために詐欺を行うものにとって、「止められないビジネス」となってしまいます。

ですから、「もしかしたら、自分のメールアドレスが、この前見たエッチサイトの管理者に漏れたのかもしれない」という不安をできるだけ持たないように、そのような可能性が微塵もないようにしておく必要があります。

そこで、専用ソフトなどをダウンロードしないようにというのもあるのですが、同時にブラウザのセキュリティホールにパッチをしっかりと充てておく必要があります。IEを中心としてセキュリティホールは頻繁に発見されています。これらのセキュリティホールを悪用すると、ウイルスプログラムなどを通じて、あなたの個人情報が盗まれる可能性があります。

また、セキュリティーの設定が適切でなかったり、セキュリティホールが残ったままだと、悪意のあるエッチサイトにアクセスした瞬間に、vbscriptを通じてレジストリーを読み取られ、「hogehoge@hoge.comさん、こんにちは」と表示されることがあるかもしれません。こういうことを体験した後に、こういう架空請求メールを受け取ったら衝撃度はいかほどでしょうか?

たとえば、最近発表された「Windows スクリプト エンジンの問題により、コードが実行される (814078) (MS03-008)」のようなセキュリティホールが悪用されれば、何でもされてしまいそうです。

いかにもスパムメールという感じの架空請求メールと、メールの冒頭に「○○様」と書かれたメールの衝撃度は違うはずです。当然、掲示板などに自分の名前を書き込むことの危険性は分かっていただけると思いますが、こういうセキュリティホールの危険性は意外と忘れられがちです。

WindowsUpdateは必ず行いましょう。また、セキュリティホール関連のニュースにもっと関心を持つようにしましょう。マイクロソフトのセキュリティ情報はこちらにまとめられています。でないと、より巧妙に仕組まれた架空請求メールに対処できないかもしれません。

Quick Menu(架空請求メール:傾向と対策)



      【広告】セルライト対策にターボセル      【広告】Win・Mac用ソフトの購入ならAmazon.co.jp
      【広告】韓国語(ハングル)学習に役立つサイト