アダルトサイト架空請求詐欺にご用心(傾向と対策)



フレッツ光申込 ★公式特典+最大60,000円分の商品券★

最近、私のところに増えている相談事例として、左のようなアダルトサイト運営事業者の代行人と称する組織からの請求メールがあります。結論から言えば、これは詐欺であり、総務省でも、このような「支払わないと自宅などにも乗り込みます」というような脅しのようなものに引っかからないように警告しています。

参照:(総務省)有料番組等の情報料の架空請求トラブル
― 利用した覚えのない情報料の請求にご注意ください ―

(国民生活センター)悪質な電話関係の「利用した覚えのない請求」が横行しています  −有料情報料、ツーショットダイヤル情報料など−

これらのメールは事業社名や振込先はいろいろなのですが、下記のような特徴が概してあるようです。

1.「大至急」「最後のお願い」「最終通告」などと、急がせる
2.支払期日を明記している。約4日間ぐらいしか猶予が与えられない。
3.利用代金だけでなく、延滞料や催促費用を請求してくる。
4.さらには、「自宅・会社まで回収しにいった場合は、その交通費・宿泊費も払え」と、「自宅・会社まで押しかける」ことを匂わせる。こちらの連絡先なども調査可能なように振舞う。
5.その肝心のアダルトサイトのURLや利用日時などは書かれていない。

このようなメールをもらった際の対処策をこのホームページではまとめてみました。8つほど対策を考えてみました。まず第一は、当たり前と言えば当たり前ですが、

0.絶対に払ってはいけない

このようなスパムメールを送ってくる人たちの目的は恐らくお金です。愉快犯の可能性もありますが、9割かたお金が目的とだと思われます。1万人にこういったスパムメールを送ったうちに、仮に一人でも払ってくれれば、この犯罪者は儲かるわけです。1万人にメール送信と言っても、プログラムで行えますから、送信ボタンをクリックするだけです。後は振り込まれるのを待っているだけで数万円が儲かるのですから、こういう犯罪者にとっては、「止められないビジネス」となります。このような犯罪行為をのさばらせないためにも、絶対に払っていはいけません。

1.絶対にメールに返信してはいけません。

返信すれば相手の思う壺です。もちろん、連絡先に電話するのも危険です(最悪の場合、相手側に電話番号が漏れます)。「警察に訴えるぞ」とこちらが言っても、「あなたはアダルトサイトを利用したことが一度もないのですか?」と言い返されたらどうしますか? 「私は一度もありません」と回答できる男性は少ないはずです。

また、メールに返信すれば、あなたのメールアドレスがアクティブであることが分かりますし、また、仮に不用意にそのまま返信してしまったとしたら、あなたがメールソフトで設定している差出人名が相手に漏れます。今度、同様なメールを受け取るときは、メールの冒頭に「○○様」と名前入りかも知れません(ハンドル名ならまだしも、本名の場合は最悪です)。請求メールに名前が入っていれば、さらに"信憑性"が増します。あなたは、恐れ慄くことになります。

最後に、そもそも返信しても、本当の差出人に届くとは限りません。Fromヘッダーは簡単に書き換えることができますので、偽装している可能性も高いです。全く関係のない善意の第三者に届く可能性もあります。簡単に足のつくことはしていないはずです。

Quick Menu(架空請求メール:傾向と対策)

mailto:info@webfaq.jp【広告】産地直送牛      【広告】「あるある大辞典」などテレビ関連本



セントラルレジデンス新宿シティタワー